公認心理師試験対策,教育心理学,臨床心理学

スクールカウンセラーとは

スクールカウンセラーは、文部科学省によって位置づけられた教育現場における「心の専門家」である。平成7年度に154の学校に設置されたのが最初の動きである。平成18年度には約1万校に配置されている。

平 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ヒューマン・エラーの理論

ヒューマン・エラーは、作業の予測と結果の間に生じる不具合のことで、Swain,A.D.はヒューマン・エラーを、①オミッション・エラー(omission error)、②コミッション・エラー(commission ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ラダーモデル(Ladder Model)

ラスムッセン(Rasmussen,J.)は、産業現場で行われる作業を、①スキルベース、②ルールベース、③知識ベース、の3つの認知プロセスに分類しています。これをラダーモデルもしくは頭文字をとった ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

アンヘドニアとは

アンヘドニア(Anhedonia)とは、日本では「快感消失」や「無快感症」と呼ばれるもので、「快楽や喜びを享受する能力の消失」であるとされています。肯定的感情の低下、意欲の減退、喜びの喪失などの症状のことです。 ...

ブログ報告【収益とPV】

全く無知の状態のド素人がWordPressでブログを書き始めて、300記事を到達しましたので、現状報告をしたいと思います。

前回の記事

前回(250記事の到達時点)の記事はコチラです。

ブログの趣旨

心理資格として ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

病気不安症

病気不安症(Illness Anxiety Disorder)とは、「自分は重い病気にかかっている」や「重い病気にかかってしまう」という病気に対する不安が強く、過度もしくは不釣り合いなとらわれがある状態を指します。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

変換症/転換性障害

変換症/転換性障害(Conversion Disorder)は、機能性身体症状症とも呼ばれ、実際に機能障害がないにもかかわらず、葛藤やストレスなどの心理的要因によって神経疾患に似た身体症状が現れる障害です。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

身体症状症

身体症状症(Somatic Symptom Disorder)は、慢性的な身体症状がみられ、その症状に関して不釣り合いな苦痛や心配があり、日常生活においても混乱を生じる障害です。

身体症状症の患者は、身体症状にと ...

教育心理学,臨床心理学

今回、紹介したいのは『過保護』と『過干渉』です。一般的に『よくない』されているようですが、過保護・過干渉とは何なのか、具体的にどんな影響があるのか、英才教育について、をお話したいと思います。

一応、参考資料を示しますが、あ ...

小説

土谷誠(つちや まこと)。24歳独身。大学院生。この冬、人生の岐路に立っていた。

『明日、宅飲みするから来いよ。22時、いつものお土産よろしく!』

週末に送られてくる親友からのLINEを見返していた。僕を心配し ...