場面緘黙症

僕は場面緘黙症の支援を細々としているわけですが、場面緘黙症児は、おおよそ不安が強く、その不安によって行動を制限・回避したりすることが分かります。

これは、場面緘黙症とともに社交不安障害を併有しているパターンです。この確率は ...

場面緘黙症

場面緘黙症について、ことあるごとに記事にしてきましたが、当事者の方が持つ意外な困りごとがあったので、この度も記事にさせていただきます。

学校卒業後の居場所がない!

場面緘黙症について、当事者や保護者、支援者がSNSなどを通じ ...

場面緘黙症,臨床心理学

こんにちは。中津です。

今回は、場面緘黙症に関する本を紹介します。画像にリンクも貼ってあります。

場面緘黙症を詳しく知りたい方は、コチラ(↓)の記事を読んでみてください。場面緘黙症の研究論文をベースに書いた記事 ...

場面緘黙症,臨床心理学

こんにちは。中津と申します。僕は大学院で臨床心理学を学び、教員を3年やっていました。特別支援学校での勤務経験もあります。その後、カウンセリングのお店を個人開業しました。

これまでの場面緘黙症、自閉症スペクトラムの支援をして ...

不登校,場面緘黙症,臨床心理学

場面緘黙症とは

詳しくまとめた記事がありますので、コチラをご一読ください。【場面緘黙症とは】

場面緘黙症と学校

場面緘黙で多いのは「家では話せるけど、学校で話せない」というものです。とはいえ、場面緘黙の程度は様々です。 ...

場面緘黙症,臨床心理学

場面緘黙症とは

場面緘黙症とは、普段は話せるにもかかわらず、特定の場面において声が出せなくなる情緒障害です。アメリカ精神医学会が規定する診断基準であるDSM−5では、不安症群に分類されています。

【詳しくはコチラ:場面緘黙症 ...

公認心理師試験対策,場面緘黙症,臨床心理学,障害・疾病・症状

場面緘黙症とは

場面緘黙症/選択性緘黙(SM:Selective Mutism)とは、不安や恐怖により特定の場面において声を発することができない状態が、1ヶ月以上続き、自閉症スペクトラムや統合失調症といった他の障害や疾病による影響でない ...

場面緘黙症,臨床心理学

今回は、「場面緘黙症におけるセルフ段階的暴露療法の提案」というテーマでお話します。場面緘黙症についての説明などは、他の記事も沢山あるので、ここでは省略します。あとで読んでみてください。

■この記事を読むときは、「改善するぞ ...

場面緘黙症,臨床心理学

認知行動療法を軸とした『場面緘黙症に対するカウンセリング』についてお話します。

場面緘黙症とは

場面緘黙症とは、話すことや注目されることに対して不安や恐怖があり、特定の場面緘黙において声が出さなくなる緘黙と、身体がガチッと硬 ...

場面緘黙症,臨床心理学

こんにちは。中津です。

今回は、場面緘黙症の大人の方へ向けて、「不安を乗り越える方法は『開拓』です。」というテーマでお話したいと思います。少々、難しい内容になってしまいましたが、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。