公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

社交不安症/社交不安障害

社交不安症/社交不安障害(Social Anxiety Disorder)は、社交恐怖(Social Phobia)とも呼称されている不安障害の1つです。アメリカ精神医学会が規定する精神疾患の診断基準『DSM- ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

自己統制(セルフコントロール)

自己統制(セルフコントロール)とは、ゴットフレッドソンとハーシー(Gottfredson,M.R. & Hirschi,T.)が著書『犯罪の基礎理論(A General Theory of Cri ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

スーパーのキャリア発達理論

スーパー(Super,D.E.)は、自己概念を考える上で「職業的自己概念」に着目しました。職業選択をするということは、自己実現に近づくということです。

これらを考える上で職業的自己概念として、どん ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

広場恐怖症

広場恐怖症(Agoraphobia)は、不安障害の1つで公共交通機関や広い場所、人の多い場所などで不安や恐怖を感じ、その場にいることやその場での行動を避けたり、パニックが起こったりして、社会生活に支障が出る状態を指します。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

パニック症/パニック障害

パニック症/パニック障害(Panic Disorder)は、突如とした恐怖や強烈な不安に襲われ、パニック発作を起こすことで社会生活に困難を示す障害です。

パニック発作は、心身への負担が大きいことから ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群(Restless Leds Syndrome)は、むずむず脚症候群とも呼ばれ、下肢に不快感を抱く病気です。女性に多いとされています。

鉄分の不足により発症するため、妊娠中に ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

公認心理師試験で「認知症」の問題は必ず出題されています。特にどの参考書にも登場するのが、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性型認知症です。

しかしながら、精神疾患の診断基準として用いられて ...

教育心理学,理論・説・モデル・療法ほか

教育方法論において、PBLという方法があります。教員の方でも、知っている方は少ないのではないでしょうか。というわけで、今回はPBLについて詳しく解説していきます。

PBLとは

PBLとは、Project Based Lear ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

カプランの予防モデル

カプランもしくはキャプラン(Caplan,G.A.)は、コミュニティ心理学を軸に、都道府県や市区町村にあたる行政によるアプローチ方法を考えます。

そこで、支援の方針として、予防、危機介入、コンサルテーシ ...

公認心理師試験対策

第3回公認心理師試験は、2020年12月20日に実施され、2021年2月12日に合格発表がありました。今回、合格できましたので、その勉強に使用した参考書を紹介したいと思います。

合格体験談

僕は、臨床心理士の養成大学院ではな ...