公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

反抗挑戦性障害

反抗挑戦性障害(ODD:Oppositional defiant disorder)とは、些細なことでも直ぐに怒りを表出しやすく、口論や挑発的な言動、執念深さを示す状態が、特性として6ヶ月以上持続している障害です。ただし ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

カタプレキシー

カタプレキシーとは、日本では「情動脱力発作」とも言われています。感情の変化(喜怒哀楽)、不安や恐怖などの情動刺激によって筋に脱力が起こる症状です。過眠症の一つであるナルコレプシーに併発することが多いです。

■ ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

チック障害

チックは、突発的かつ反復的に起こる不随意的な運動や発声のことを指します。チック障害群には、トゥレット障害、運動チック障害、音声チック障害、暫定的チック障害、他の特定されるチック障害、特定不能のチック障害があります。チック障害 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

抜毛症

抜毛症は、自ら頭髪や体毛を抜くことで、多くの時間を費やし、心理的な苦痛や社会生活に支障がある状態を指します。抜毛症は、強迫性障害の一つだと考えられています。

抜毛症には、抜毛の感覚を求める「焦点化型」とほぼ無意識に抜 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

ナルコレプシー

ナルコレプシーとは、睡眠覚醒が通常とは異なり、睡眠発作、情動脱力発作(カタプレキシー)、入眠時幻覚、睡眠麻痺、レム睡眠行動障害を主症状とする睡眠障害です。日本の有病率は、0.16%ほどです。

ナルコレプシーは ...

公認心理師試験対策

精神保健指定医

精神保健指定医は、厚生労働省が定める国家資格です。精神保健福祉法における精神疾患患者の人権の制限に関わります。主に精神疾患患者の入院と退院時の診察と判断を行います。患者の人権に関わることなので、資格取得の要件は非常に厳し ...

公認心理師試験対策

保護処分とは、家庭裁判所に送致された少年の更生を目的に行われる少年法による処分のことです。

■少年事件には、犯罪少年事件、触法少年事件、虞犯少年事件があります。

犯罪少年罪を犯した14〜20歳未満の少年触法少年事件時 ...

公認心理師試験対策

児童養護施設

児童養護施設は、児童福祉法に定められる児童福祉施設の一つです。児童福祉法によると、『児童養護施設は、保護者のない児童、虐待されている児童など、環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

アドバンス・ケア・プランニング

アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning :ACP)とは、主に病院で用いられる言葉で、病気で入院している患者とその家族が、医療者や介護士などと共に、現在の病状の悪化や意思 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

クレプトマニア(kleptomania)は、窃盗症、病的窃盗とも言われる精神障害です。物品を盗むという行為に及ぶ際、快感、満足感、開放感などがあることで、行動が強化され、やめられなくなります。

クレプトマニアの特徴

万引や友 ...