公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 183

レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群(Restless Leds Syndrome)は、むずむず脚症候群とも呼ばれ、下肢に不快感を抱く病気です。女性に多いとされています。

鉄分の不足により発症するため、妊娠中に ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 137

公認心理師試験で「認知症」の問題は必ず出題されています。特にどの参考書にも登場するのが、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、脳血管性型認知症です。

しかしながら、精神疾患の診断基準として用いられて ...

教育心理学,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 140

教育方法論において、PBLという方法があります。教員の方でも、知っている方は少ないのではないでしょうか。というわけで、今回はPBLについて詳しく解説していきます。

PBLとは

PBLとは、Project Based Lear ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 141

カプランの予防モデル

カプランもしくはキャプラン(Caplan,G.A.)は、コミュニティ心理学を軸に、都道府県や市区町村にあたる行政によるアプローチ方法を考えます。

そこで、支援の方針として、予防、危機介入、コンサルテーシ ...

公認心理師試験対策

Thumbnail of post image 105

第3回公認心理師試験は、2020年12月20日に実施され、2021年2月12日に合格発表がありました。今回、合格できましたので、その勉強に使用した参考書を紹介したいと思います。

合格体験談

僕は、臨床心理士の養成大学院ではな ...

公認心理師試験対策,臨床心理学,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 088

常同運動障害

常同運動障害(SMD:Stereotypic Mobement Disorder)は、乳幼児にみられる駆り立てられるように無意味な行動を繰り返す障害です。抜毛症や皮膚むしり症などの強迫性障害による繰り返し行動ではなく、精神 ...

不登校,公認心理師試験対策,臨床心理学

Thumbnail of post image 016

一般的に考えられる不登校の要因は、不安やいじめ、非行、学業不振などがあげられていますが、より詳細に捉えると、しばしば過敏性腸症候群のような病気や障害があげられることがあります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS:Irr ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 023

限局性恐怖症

限局性恐怖症(Specific Phobia)は、特定の状況や環境、対象において激しい恐怖や不安が生じる不安障害です。一般的には、高所恐怖症や閉所恐怖症などがありますが、限局性恐怖症はこれらの総称で、アメリカ精神医学会が診 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 004

離人感・現実感消失障害

離人感・現実感消失障害は、自分の主観的感覚が身体や精神から切り離されているように感じる障害です。

この状態が持続的かつ反復的にあり、自分をあたかも別視点から観察しているかのように感じる「離人感」と自分 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

Thumbnail of post image 096

醜形恐怖症/身体醜形障害

アメリカ精神医学会が規定する診断基準『DSM−Ⅴ』では、醜形恐怖症と身体醜形障害は同義とされています(以下、醜形恐怖症と呼称する)。

醜形恐怖症は、外見として知覚される身体上の欠陥や欠点にとらわれて ...