公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

変換症/転換性障害

変換症/転換性障害(Conversion Disorder)は、機能性身体症状症とも呼ばれ、実際に機能障害がないにもかかわらず、葛藤やストレスなどの心理的要因によって神経疾患に似た身体症状が現れる障害です。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

身体症状症

身体症状症(Somatic Symptom Disorder)は、慢性的な身体症状がみられ、その症状に関して不釣り合いな苦痛や心配があり、日常生活においても混乱を生じる障害です。

身体症状症の患者は、身体症状にと ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

失語症

失語症(Aphasia)は、言語の理解や表出における言語機能障害です。大脳皮質や大脳基底核の言語機能を司る部分が脳卒中や脳梗塞、脳外傷、脳出血などによる圧迫・損傷が原因となっています。

関係する部分としては、側頭葉後 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

パニック発作特定用語

パニック発作特定用語(Panic Attack Specifier)は、パニック発作が1つの精神疾患や障害としてコード化されないため、精神疾患や障害とは別としてパニック発作とは何かを規定づけるものです。

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

攻撃(Aggression)

攻撃(Aggression)は、他者に対して危害を加えようと意図される行為のことを指します。

攻撃には、他者の身体に攻撃を示すだけでなく、精神的に攻撃を示す場合もあります。

関係性攻 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

社会的勢力

社会的勢力とは、自分(影響者)の望むように他者(被影響者)の意見・態度・行動を変化させることのできる能力(今井,1987)のことです。

社会的勢力には、①賞勢力、②罰勢力、③正当勢力、④専門勢力、⑤参照勢力、があ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ソーシャルサポート

ソーシャル・サポート(Social Support)とは、社会的支援のことで、社会心理学の領域で発展してきました。

公認心理師試験レベルで言えば、ソーシャルサポートは、①道具的サポートと②情緒的サポートの ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

傍観者効果

傍観者効果(Bystander effect)は、集団場面において周りの人が動くことを期待して、社会的に望まれた行動を起こすことができなくなる現象のことです。

傍観者効果の要因は、①緊急性を把握しづらいこと、②同 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

援助要請

援助要請とは、問題解決を図る際、他者に支援や助けを求めることで、社会心理学の領域で発展してきた概念です。

援助要請は、海外の研究で、学習場面において、ある程度の自分の努力を前提とした援助要請を行う「自律型」と自分の ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

原因帰属

原因帰属は、ある事象の原因を何に帰属させるかということです。つまり、失敗を何のせいにするか、成功を何のおかげとするか、ということです。

原因帰属は社会心理学の領域で発展してきましたが、臨床心理学でも扱われることがあ ...