公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ヴィゴツキー(Vygotsky,L.S.)は、内言と外言、言語発達理論、発達の最近接領域の理論を提唱しています。

内言と外言

外言というのは、一般的に言われるコミュニケーションで使われる言葉のことです。一方、内言は人が何かを ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

離婚というとドラマなどで、「離婚届に両者の印を押して、役所に提出すれば離婚できる」というイメージがあることと思いますが、実際は離婚には4つの種類があります。離婚は、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の4つがあります。

離婚の ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

非行少年

非行少年とは、触法少年、犯罪少年、虞犯少年の総称です。少年とは、少年法という法律で定められていて、20歳未満の者を指します。少年と少女という言い方をすることがありますが、この法律では少年を男女で分けていません。

触 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

DV防止法とは、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律の別名です。

DV防止法は、2001年に制定された法律です。

配偶者の定義

戸籍における配偶者は、一般的に婚姻届を役所に提出して、それが認められ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

サクセスフル・エイジング

サクセスフル・エイジングとは、Rowe,J.W. & Kahn,R.L.によると、「医学的な疾患や障害などがないこと」「認知機能や身体機能を維持していること」「社会参加があること」の3つの要件があります ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

共同注意と指差し行動共同注意

共同注意は、生後9〜10ヶ月頃に出現します。親がふとどこかに目を向けたときに、乳児も親が見ている方向を追うようにして注意を向けます。これを共同注意と言います。大人になっても、誰かがふとどこかを見たときに目で ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

エリクソンの心理社会的発達理論

エリクソン(Erikson,E.H.)は、アイデンティティの概念を定着させたことでも有名です。心理社会的発達理論については、フロイトの性器期の部分を対人社会関係を踏まえた形で、8つの発達段階に分けています ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Piaget,J.の発達理論

ピアジェの発達理論は、認知に注目したもので、認知発達理論とも言われています。ピアジェは、認知は成長の過程で段階的に身につくものであり、この出現順序は入れ替わることはないとしています。

各発達段階 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

今回は、末梢起源説(James-Lange説)、中枢起源説(Cannon-Bard説)、認知的評価理論、基本感情論を中心にお話します。

心理教科書 公認心理師 完全合格テキスト (EXAMPRESS) 価格:3,300円

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

今回は、乳幼児の言葉の発達について勉強しましょう。僕自身、専門は中高の保健体育で、青年期の発達は得意なのですが、乳幼児の発達については、どうもイメージがわかなくて、なかなか頭に入っていきません。今回は、参考書4冊の中から、重要と思われ ...