公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

サイコロジカル・ファーストエイド

サイコロジカル・ファーストエイド(PFA:Psychological First Aid)は、地震や洪水などの災害直後から約1ヶ月間で行われる心理支援のことで、日本では心理学的応急処置といわれます。

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

幼児期の遊びによる社会性発達

Parten,M.とNewhall,S.M.は、幼児期の社会性発達について「遊び」が重要であるとしています。

Parten,M.とNewhall,S.M.は、幼児期の遊びには、社会的相互関係の高 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

アカゲザルの代理母実験

Harlow,H.は、ウィスコンシン大学においてアカゲザルを用いて発達心理学の実験をしました。Harlow,H.は、ボウルビィの愛着行動に関する研究の影響を受け、乳児の母親に対する接近行動に着目した実験をしました ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ストレンジ・シチュエーション法(Strange Situation Procedure;SSP)

エインズワース(Ainsworth,M.D.S.)は、乳児の愛着行動にタイプがあることを見つけ、そのタイプにより乳児の愛着発達への影響があ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

ボウルビィの愛着理論

Spitz,.R.A.は、第二次世界大戦の影響で孤児が増え、その孤児が施設で育てられた際に、身体的健康度に問題がないにもかかわらず、死亡率や精神的健康度が低くなる「施設症」に注目し、研究をするようになりました。

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

分離ー個体化理論

分離ー個体化理論は、Mahler,M.が提唱した発達理論です。Mahler,M.は、乳児が母親から分離していく未分化過程を2つの時期に、分離ー固体化過程を4つの時期に分けて説明しています。

分離ー個体化理論におけ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

1973年にカリフォルニア大学のブレスロー教授が、生活習慣と身体的健康度との関連を調査した結果、健康運動習慣を実施した者は、身体的健康度が高いことが分かり、その共通性の「高い7つの健康運動習慣」を提唱しました。

その後、様 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

キューブラー=ロス(Kűbler-Ross,E.)は、200人もの死期が近い患者に接する中で、5段階の特徴的な心理プロセスがあると示しました。これは、「死にゆく過程」や「死の受容過程」として、看護や介護のターミナルケアの視点で、考慮さ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

今回は、日本で考案された内観療法について解説します。

内観療法とは

内観療法は、吉本伊信(いしん)考案しました。内観療法では、浄土真宗の一派に伝わる身調べをもとに、内観を行います。体制化された心理療法であるため、取り入れやす ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

今回は、日本で生まれた心理療法である森田療法について解説します。

森田療法森田療法とは

森田療法は、森田正馬(まさたけ)が1920年に考案しました。森田療法の基本的な考えとしては、森田神経質の人は、精神交互作用があることで不 ...