公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

社会的アイデンティティ理論

社会的アイデンティティ理論は、「ある社会的集団への成員性の知識から派生した個人の自己概念の一部(Tajifel,1978)」と定義されています。社会心理学の領域において発展した理論で、Tsjifel & Tu ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

自己統制(セルフコントロール)

自己統制(セルフコントロール)とは、ゴットフレッドソンとハーシー(Gottfredson,M.R. & Hirschi,T.)が著書『犯罪の基礎理論(A General Theory of Cri ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

スーパーのキャリア発達理論

スーパー(Super,D.E.)は、自己概念を考える上で「職業的自己概念」に着目しました。職業選択をするということは、自己実現に近づくということです。

これらを考える上で職業的自己概念として、どん ...

教育心理学,理論・説・モデル・療法ほか

教育方法論において、PBLという方法があります。教員の方でも、知っている方は少ないのではないでしょうか。というわけで、今回はPBLについて詳しく解説していきます。

PBLとは

PBLとは、Project Based Lear ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

カプランの予防モデル

カプランもしくはキャプラン(Caplan,G.A.)は、コミュニティ心理学を軸に、都道府県や市区町村にあたる行政によるアプローチ方法を考えます。

そこで、支援の方針として、予防、危機介入、コンサルテーシ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

アドバンス・ケア・プランニング

アドバンス・ケア・プランニング(Advance Care Planning :ACP)とは、主に病院で用いられる言葉で、病気で入院している患者とその家族が、医療者や介護士などと共に、現在の病状の悪化や意思 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

「関与しながらの観察」とは、カウンセリングや研究において、全ての関わりの中で、カウンセラーや研究者はクライエントや実験対象者に少なくとも影響を与えているということを示した言葉です。

関与しながらの観察

「関与しながらの観察」 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

認知的不協和理論とは、人は自分自身が持つ認知と異なる状況や経験を否定・拒否・過小評価しやすい傾向にあるという理論です。

認知的不協和理論

アメリカの社会心理学者フェスティンガー(Festinger,L.)は、認知的不協和理論 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

生態学的発達理論

ブレンフェンブレンナー(Bronfenbrenner,U.)は、『人間発達の生態学』という著書において生態学的発達理論を提唱しました。

生態学的発達理論で重視されるのは、①動力学的視点(人は社会生活の中で失 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

信頼性とは

研究や統計では、人や場所、時期などの条件を同じにすれば、再び同じ結果が得られるという「揺るがない結果」が大切にされます。この状態を信頼性が高いといいます。

逆に、ある研究論文を読んで全く同じ条件で研究を再現したつ ...