公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 008

多重関係とは、公認心理師がクライエントとの間に、カウンセラーとクライエント以外の関係が存在することを指します。

例えば、公認心理師が友人や家族、親戚などのカウンセリングを行うことは、互いに言いたいことが言えなかったり、カウ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 015
アドボカシー(権利擁護)

公認心理師試験において、アドボカシーは『権利擁護』という意味で捉えられています。

例えば、障害を抱えている方や寝たきりの高齢者など、社会的にみて立場が弱くなってしまっている人の主張や意見を代弁してい ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 099

文化葛藤理論

文化葛藤理論とは、セリン(Sellin,T.)によって提唱された理論です。犯罪は文化間の違いや格差によって生じるとされています。犯罪社会学の走りとして注目された理論ですので、公認心理師試験でも必須の知識となります。 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 091

はじめに

自分の子どもが障害児として診断を受けた場合、多くの母親はその事実を受け入れることができない、もしくは時間がかかるとされている。

Drotarら(1975)では、先天的奇形の子どもの母親20名と父親5名に面接調査を実 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか,臨床心理学

Thumbnail of post image 049

箱庭療法の歴史

箱庭療法は、子どもに対する心理療法として1929年にローエンフェルト(Lowenfelt,M.)が創設した世界技法がもとになっています。ユング(Jung,C.G.)のもとで心理療法を学んだカルフ(Kalff,D.M.)が ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 067

ヒューマン・エラーの理論

ヒューマン・エラーは、作業の予測と結果の間に生じる不具合のことで、Swain,A.D.はヒューマン・エラーを、①オミッション・エラー(omission error)、②コミッション・エラー(commission ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 005

ラダーモデル(Ladder Model)

ラスムッセン(Rasmussen,J.)は、産業現場で行われる作業を、①スキルベース、②ルールベース、③知識ベース、の3つの認知プロセスに分類しています。これをラダーモデルもしくは頭文字をとった ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 145

攻撃(Aggression)

攻撃(Aggression)は、他者に対して危害を加えようと意図される行為のことを指します。

攻撃には、他者の身体に攻撃を示すだけでなく、精神的に攻撃を示す場合もあります。

関係性攻 ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 090

社会的勢力

社会的勢力とは、自分(影響者)の望むように他者(被影響者)の意見・態度・行動を変化させることのできる能力(今井,1987)のことです。

社会的勢力には、①賞勢力、②罰勢力、③正当勢力、④専門勢力、⑤参照勢力、があ ...

公認心理師試験対策,理論・説・モデル・療法ほか

Thumbnail of post image 091

ソーシャルサポート

ソーシャル・サポート(Social Support)とは、社会的支援のことで、社会心理学の領域で発展してきました。

公認心理師試験レベルで言えば、ソーシャルサポートは、①道具的サポートと②情緒的サポートの ...