公認心理師試験対策,心理検査

RBMTとは

RBMT(The Rivermead Behavioral Memory Test;リバーミード行動記憶検査)とは、ケンブリッジ大学のWillsonB.A.博士らよって作成された心理検査で、主に高次機能障害の発見やリハビリ ...

公認心理師試験対策

高次脳機能障害とは

高次脳機能障害とは、脳梗塞や脳損傷に起因する認知障害の総称で、失語、失行、失認が増え、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会行動障害が起こります。

高次脳機能障害は、頭部への外傷による急性硬膜外血腫や脳出 ...

公認心理師試験対策

発達性協調運動障害

発達性協調運動障害(Developmental coordination disorder)とは、協調運動の獲得や遂行が年齢や学習および使用の機会に応じて期待されるものよりも明らかに劣っていることにより、社会生活への ...

不登校,場面緘黙症,心理学

場面緘黙症とは

詳しくまとめた記事がありますので、コチラをご一読ください。【場面緘黙症とは】

場面緘黙症と学校

場面緘黙で多いのは「家では話せるけど、学校で話せない」というものです。とはいえ、場面緘黙の程度は様々です。 ...

公認心理師試験対策

記憶とは

記憶は『①記名(符号化)』→『②保持(貯蔵)』→『③想起(探索)』という過程で扱われます。

記憶を保持させるためには、リハーサルが必要です。リハーサルは繰り返し(反復)をして、忘却を防ぐことです。リハーサルには、短 ...

公認心理師試験対策

知的能力障害とは

主に用いられる「知的障害」は、精神医学の領域では「精神遅滞」と呼称されます。アメリカ精神医学会が規定する診断基準であるDSM−Ⅴでは「知的能力障害(知的発達症)」と記載されており、呼び方は様々ですが、同じものを指してい ...

公認心理師試験対策

自閉スペクトラム症とは

自閉スペクトラム症は、先天的な脳の機能障害で、これまでは「高機能自閉症」「広汎性発達障害」「アスペルガー症候群」と細かく分類されていましたが、アメリカ精神医学会が規定する診断基準であるDSM−ⅣがDSM−Ⅴに改定 ...

公認心理師試験対策

ADHDとは

ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)は、注意欠如/多動症障害という発達障害です。アメリカ精神医学会が規定する診断基準であるDSM−Ⅳでは、「注意欠陥/多動性障害」と呼 ...

公認心理師試験対策

ハーズバーグのニ要因理論

アメリカの心理学者フレデリック・ハーズバーグ(Herzberg,F.)は、労働者の生産性を効率よく高める方法を「モチベーション」の観点から導こうとしました。

ハーズバーグは、労働者に対してインタビュ ...

公認心理師試験対策

■この記事の著者は、医師ではありません。あくまで公認心理師試験対策としてご利用ください。

ジスキネジア

ジスキネジアは、不随意運動が起こる神経障害です。身体の一部分に現れることが特徴で、特に口周りで起こります。口をピチャピチ ...