公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

アンヘドニアとは

アンヘドニア(Anhedonia)とは、日本では「快感消失」や「無快感症」と呼ばれるもので、「快楽や喜びを享受する能力の消失」であるとされています。肯定的感情の低下、意欲の減退、喜びの喪失などの症状のことです。 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

病気不安症

病気不安症(Illness Anxiety Disorder)とは、「自分は重い病気にかかっている」や「重い病気にかかってしまう」という病気に対する不安が強く、過度もしくは不釣り合いなとらわれがある状態を指します。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

変換症/転換性障害

変換症/転換性障害(Conversion Disorder)は、機能性身体症状症とも呼ばれ、実際に機能障害がないにもかかわらず、葛藤やストレスなどの心理的要因によって神経疾患に似た身体症状が現れる障害です。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

身体症状症

身体症状症(Somatic Symptom Disorder)は、慢性的な身体症状がみられ、その症状に関して不釣り合いな苦痛や心配があり、日常生活においても混乱を生じる障害です。

身体症状症の患者は、身体症状にと ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

失語症

失語症(Aphasia)は、言語の理解や表出における言語機能障害です。大脳皮質や大脳基底核の言語機能を司る部分が脳卒中や脳梗塞、脳外傷、脳出血などによる圧迫・損傷が原因となっています。

関係する部分としては、側頭葉後 ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

パニック発作特定用語

パニック発作特定用語(Panic Attack Specifier)は、パニック発作が1つの精神疾患や障害としてコード化されないため、精神疾患や障害とは別としてパニック発作とは何かを規定づけるものです。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

社交不安症/社交不安障害

社交不安症/社交不安障害(Social Anxiety Disorder)は、社交恐怖(Social Phobia)とも呼称されている不安障害の1つです。アメリカ精神医学会が規定する精神疾患の診断基準『DSM- ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

広場恐怖症

広場恐怖症(Agoraphobia)は、不安障害の1つで公共交通機関や広い場所、人の多い場所などで不安や恐怖を感じ、その場にいることやその場での行動を避けたり、パニックが起こったりして、社会生活に支障が出る状態を指します。

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

パニック症/パニック障害

パニック症/パニック障害(Panic Disorder)は、突如とした恐怖や強烈な不安に襲われ、パニック発作を起こすことで社会生活に困難を示す障害です。

パニック発作は、心身への負担が大きいことから ...

公認心理師試験対策,障害・疾病・症状

レストレスレッグス症候群

レストレスレッグス症候群(Restless Leds Syndrome)は、むずむず脚症候群とも呼ばれ、下肢に不快感を抱く病気です。女性に多いとされています。

鉄分の不足により発症するため、妊娠中に ...