男女の友情ってあると思いますか?【質問にお答えします】

社会心理学では、人間関係についての研究が多く行われています。人間関係といっても、友人関係、夫婦関係、恋愛関係など、内容は様々です。

今回は、たまたまSNSで「男女の友情ってあると思いますか?」とご質問をいただきましたので、これに回答していく形で記事にしたいと思います。

男女の友情ってあると思いますか?

個人的な回答をすると、『ある』です。

自分の経験での話をしますが、高校時代の女性の友人は数人います。もう社会人になって、しばらく経つので、1年に数回しか会いませんが、仕事の話や恋愛の話や生活の話などをします。

それって友達?と思う方もいらっしゃると思いますが、僕は友達だと思っていますし、相手側も他の人には相談できないようなことも打ち明けてくれたりもするので、心を開いてくれているとも感じています。

それって恋愛感情はないんですか?

よくある質問です。男女の友情というと、その間を引き裂くのは恋愛感情かもしれません。例えば、片方は友達と思っていても、もう一方は恋愛感情を抱いていたりすると、関係が拗れてしまいます。

恋愛感情は、妬みや嫉み、恨みなどのネガティブな感情を生起することになりやすいとも言われています。ちょっとした想いのすれ違いで、友人関係は崩壊してしまうこともあるのです。

僕の場合は、結婚式に呼ばれたり、恋人との喧嘩の相談を受けるくらいなので、それも否定することはできますが、多くの場合は、そうもいかないのかもしれませんね。あとは、僕に魅力がないのか、はたまた心理学を心得ているために相談しやすいのか、そういった影響もあるかと思います。

男女の友情を保つには

まず、心理学では、友人関係と恋愛関係は、少し異なる扱いをされています。恋愛の先には、交際や結婚があるため、かなり複雑な要素が入り混じっています。

僕が注目した研究があります。それは、河岸(1972)の自己受容と他者受容の研究です。簡単にいうと、自分をありのままに受け入れることができると、他者に対しても、ありのまま受け入れそうとする態度を取ることができるという結果でした。

僕は、友人関係に最も大切なことは、他者受容だと思っています。例えば、相手の専門性、性格、趣味、良くない過去など、様々なことを受け入れることで、互いに信頼関係が生まれるのではないかと思うからです。

実際に、僕にも不甲斐ない過去があります。友達はそれを知った上でも受け入れてくれていますし、逆に友達の過去も知っていますが、それを掘り返すようなこともありません。

それらを互いに知っているからこそ、この人が出来上がっているのか、という尊重の念があるわけです。これが友人関係の絆を強くしているのだと思います。

男女の友人は簡単に破綻する

僕と女性の友達が一夜を同じ部屋で明かしたとしましょう。今の互いの友人関係の強さがあれば、何事も起こらないと自信があります。

ですが、これまで色々な相談を受けてきて、僕のこの経験はレアケースかもしれないということ気づきました。

例えば、友人関係でいたいのに、告白されてしまった、キスをされそうになった、勢いで………などをよく聞きます。これは、一方的に恋愛感情があったケースです。このケースが非常に多いようです。

ただ、聞いていると、どうしても男性の方が一方的な恋愛感情を抱くことが多いように感じます。また、女性の方も良くないことがあって、男性の恋心をくすぐるような言動をしていることが多いです。

  • 「○○くんって恋人いるの?私もいないんだ」
  • 「今度いつ空いてる?急に会いたくなって」
  • 「今度、二人で飲みに行こうよ(相談したい)」

などの言葉です。女性の話を聞くと、その時の感情で出た言葉らしいですが、僕も男性の立場として、こんなことはありえないと思ってしまいます。

何がありえないかというと、恋愛感情のない相手には、恋人の有無を聞くのは失礼だと思いますし、急に会いたくなっても、行動に移していいかどうかは、しっかり考えます。また、男女で二人で飲みに行くというのは、周りから見たらデートとも見えるので、そう思われていいのか?と考えてしまいます。

ある意味、自由な女性だったのかもしれませんが、無意識に男性の恋心をくすぐっていたようです。以前、こうした話を女性の友人としたことがあります。その友人は、「そこまで考えてない」とも言っていました。

確かに考えすぎなのかもしれませんが、男性の皆さん、いかがですか?たぶん慎重になる感覚は、男性と女性で視点が違うと思うんです。

類は友を呼ぶかもしれない話

男女の友人関係が気になっている人は、実際に関係が拗れてしまっている方だと想像します。特に大学生や若い年代のときに、経験されているのではないでしょうか。

僕の偏見ではないと思うのですが、恋愛観念の軽い人って一定数いますよね。何となくで付き合ってしまった、交際していないのに流れで………みたいなことです。

恋愛を真剣に考えたいのであれば、真剣に考えられる人同士で、出会うことが大切だと思います。その人間関係を不定するつもりはありませんが、ご自分がご自分を大切に考えていなかったり、流れで恋愛できればいいと考えていたりすると、そういう人を無意識に呼び入れてしまいます。

例えば、一時の寂しい感情を受け入れてくれる人ならいいと、妻子ある男性と不倫をしてしまったり、婚約や結婚の予定もない人との子どもを妊娠したり、です。

それでも良いと思われる方も勿論、いらっしゃいますが、僕個人としては、ご自分を大切にして、よりよい恋愛を楽しんでいただきたいと願っています。

最後に

いかがでしたか?

男性も女性も本能的に恋愛を求める生き物なのかもしれません。その感情は簡単に友人関係を超越してしまいます。どうしても友人関係でありたいのであれば、互いの尊重と適度な距離感は必要かと思います。

あと、素敵な恋愛をなさってくださいね。