6畳の空き部屋に簡易なジムスペースをつくってみた【トレーニング】

広告

感染症の影響もあって運動不足になっていませんか。僕は体重も増えて、痩せたと思ったら筋肉量だけが減ってしまっている状況です。

このままでは、だらしない身体が定着したまま中年を迎えてしまう。そう思い、ほとんど使っていなかった6畳の空き部屋を簡易なジムスペースにしようと、トレーニング器具を買って、設置してみました。

広告

ホームジムのメリット

僕の場合は、アパートの一室をジムスペースにしました。玄関から入ってすぐの部屋なので、開けっ放しにしておくと、否が応でもジムが目に入るので、スイッチが入りやすいです。

僕はスマホでYouTubeを観ながら、音楽を聞きながら、1時間ほどトレーニングをしています。この自由度の高さもホームジムのメリットです。

トレーニングが終わったら、すぐにお風呂に入ったり、リビングでストレッチをしたりすることもできます。プロテインがすぐに飲めるのも助かります。

ホームジムのデメリット

まず、初期投資にお金がかかります。とはいっても自分に必要な器具だけを揃えればいいので、抑えようと思えば、抑えることができます。使用頻度によりますが、スポーツクラブの会員登録をして、月額料金を払うよりは安上がりかもしれません。

次に、器具の廃棄が大変です。大きい器具を設置すると、分解が必要だったり安易に棄てられなかったりして廃棄が大変です。設置する前に、リサイクルショップで売れるか、廃棄業者に来てもらえるかなどは、調べておくとよいです。

個人的な感想ですが、器具の設置は苦になりませんでした。Amazonで器具を買って、家まで持ってきてもらえるので、梱包を外すだけで設置できます。また、組み立て式の厄介な器具は買わず、設置が簡単なものを選びました。

必ずマットを敷くべき

僕はベンチとダンベルを買うことを決めていました。床に傷や凹みが出るといけないので、最初にマットを買いました。

僕の場合は長方形の6畳の部屋なので、トレーニング用のジョイントマットを6枚買って、部屋の形に合うように組み合わせました。

僕が買ったのは、この(↓)ジョイントマットです。トレーニング用というだけあって、しっかりしています。20キロのダンベルを置いておくと、少し凹みますが、しばらくすると元の形状に戻ります。

ダンベル

僕はトレーニングの知識が多少あって、ダンベルさえあれば、胸筋や二の腕、肩、背中など様々な筋肉を鍛えられます。

ダンベルといっても、片方で20キロ以上はほしいので、それなりの強度のダンベルを購入しました。重量の可変が簡単なものもありますが、非常に高価で廃棄がしづらいです。

これらを考慮して、僕はこの(↓)ダンベルにしました。コスパも十分です。転がりにくいのも評価のポイントです。鉄が露出しているものではないので、サビや臭いも気にしなくて済みます。

廃棄の際は、ドリルで穴を開けて、中身とプラスチック部分を分けて廃棄できます。ドリルはホームセンターで借りられます。

フラットベンチ

胸筋ならベンチプレスだ!と思う方も多いと思いますが、ホームジムでバーベルやバーベルを置くことができるベンチを設置してしまうと、場所を広く使う上に、できるトレーニングの幅が狭くなってしまうので、よく考えてください。

僕は、フラットベンチを買って、ダンベルトレーニングや脚を空中に放り出しての脚上げ腹筋ができればいいと思ったので、安価で折りたたみができるフラットベンチ(↓)を購入しました。コスパも安全性も十分で、設置も簡単でした。

エアロバイク

有酸素運動をしたい人にはエアロバイクを紹介します。エアロバイクの良いところは、減量と大腿筋強化の2つの効果があるという点です。スクワット運動でもいいのですが、個人的には汗をかきながら負荷設定も簡単にでき、YouTubeを観ながらでも実施できるので、重宝しています。

エアロバイクは、モニターが付いていたり測定機能がついていたりするものもあるのですが、僕は設定も面倒くさいし、気になりすぎるし、必要ないと思っています。

それで選んだのが、この(↓)エアロバイクです。機能は最低限ですが、静かで頑丈です。マットも付いていて、強度設定も満足です。ちょっと高価ですが、長く使えると思って、これだけは我慢しました。

プロテイン(おまけ)

ついでにプロテインも紹介します。個人的には、これ一択です。ウイダーのホエイプロテインです。他社のプロテインも色々と試しましたが、これが一番溶けやすく飲みやすいと感じています。

味や量は個人差あると思いますが、このプロテインを飲んだことがない人は試してみてほしいです。

これは動物性のプロテインですので、減量目的の人は大豆由来のプロテインをおすすめします。

ウェットシート(おまけ)

トレーニングをして汗をかきます。汗はすぐに拭かないと器具や床を悪くしてしまいます。トレーニングしたらシャワーを浴びて、シートで拭き掃除して、メンテナンスしましょう。

僕はジムスペースにウェットシートとクイックルワイパーを常備してます。

最後に

以上が僕のホームジムです。6畳の部屋ですが、まだ余裕があります。壁側に懸垂棒を設置しようか考えています。また、リビングにストレッチマットを置いていて、テレビを見ながらストレッチもしています。

もともと91.6キロからダイエットを始めて、1年と3ヶ月で79.8キロまで減量しました。ホームジムでトレーニングを始めて、筋肉量が増えていますが、体重は維持できています。コツコツ継続して、良い身体になれるように頑張ります。目標は70キロです!

趣味・日常

Posted by Cozy