Google AdSenseの広告表示が激減【理由と解決策】

2021年9月8日

広告

当ブログは月10000PVを突破しており、月収益は3500円ほどです。Google AdSenseの収益は1日平均で100円はあり、0円の日はほとんどありません。

しかし、先日から0円の日が続きました。原因を調べてみると、Google AdSenseの表示回数が激減していたのです。

それまでは、1500回ほどあった表示回数が300ほどにまで激減していました。調べてみると、同様の事象でお困りの方も多いとのことでした。

そこで今回は、表示回数が激減した理由と解決策を紹介します。目次を見てもらって、待っても復旧できない場合は自動広告を解除してみてください。

広告

表示回数が激減した理由

広告の表示回数が激減した理由は、自分自身でサイトにアクセスしたり、記事を読んだりして広告を表示させたこと。もしくは自身で広告をクリックしたこと。

僕は思い当たる節がありました。表示回数が激減する直前に、サイトの外観(カスタマイズ)を変更していたのです。

これにより、何が起こるかというと、Google Analytics上のアクセス数やPV数にカウントされてしまう事象が以前から起こっていました。

とはいえ、これまで他の影響は何もなかったので、特に対策はしていませんでした。しかし!

Google AdSenseによると、自分自身でサイトにアクセスしたり、記事を読むことで広告表示(広告クリック)をすることは、ポリシー違反の対象になるとのこと。

Google Analyticsでカウントされているということは、Google AdSenseにおいても同様にカウントされてしまっている可能性があります。

また、自分で広告をクリックした記憶はありませんが、もしかしたらクリックしてしまっていたのかもしれません。

解決策

Google AdSenseによると、しばらく放置すれば元に戻るとのことです。他のブロガーも約10日〜20日ほどで戻ったとのこと。もし、この期間を経ても戻らない場合は、Google AdSenseに問い合わせてみてください。

戻らない場合、別のポリシー違反をしている可能性もあるので、Google AdSenseの通知を読み直して、改善する必要が出てきます。

プラグイン『Ad Block』で対策

対策として『Ad Block』を紹介しておきます。Ad Blockは、自身がサイトを見るときに広告表示をブロックするプラグインです。

これを導入することで、自分で自身のサイトを編集したり、読んだりした際に、Google AdSenseによる広告が表示されなくなります。これで、おおよそ今回のポリシー違反を防ぐことができます。

ただし、広告が表示されなったとしても、自分で何度もアクセスしたり、記事を読んでいたりすると、これ自体もポリシー違反になる可能性がありますから、注意してください。

実際に待ってみたが改善せず

僕は検証の意味も込めて、実際に待ってみることにしました。

期間は、2021年8月15日〜(約10〜20日)です。検証するにあたって、この間はサイトの外観やGoogle AdSenseの設定などは、編集しないこととします。

しかしながら、28日間を待った結果、改善しませんでした。

問い合わせを送ってみた

Google AdSenseにはフィードバックを送るフォームがあります。これにて、どうすれば広告表示を復旧できるのか問い合わせてみました。

しかしながら、待てど暮らせど返信はありません。

自動広告を解除、手動へ【解決】

自動広告が何らかの影響で表示されなくなったという記事を読みました。これの改善策として、『自動広告を解除して、ディスプレイ広告などを自分で設定したら、表示された。』というものがありました。

これを参考にして、僕も自動広告を解除して、手動で広告を設定してみました。

その結果、ようやく広告表示の数を増やすことができました。ただし、設定上、自動広告ほどの自由度がないため、自動広告のときよりも広告表示の数は少ないままです。

とはいえ、クリック率についてはおおよそ回復したので、自動広告が表示されないままですが、僕の場合はこれにて解決したということにしたいと思います。

ブログ関連

Posted by Cozy