広告

【知らなきゃ損!】赤ちゃんの子育てに役立つアイテム10選【Amazonで購入可能】

2021年3月6日

こんにちは。中津です。大学院で教育心理学を学んだ元教員です。専門は臨床心理学ですが、発達心理学や特別支援教育についても勉強してきています。

そんな僕が、皆さんが意外と知らない乳児の子育てに適した使えるアイテムを紹介したいと思います。

全てAmazonで買うことができます。リンクも貼っておくので、検討してみてください。

①子ども用 電動歯ブラシ

乳児の歯磨きって大変ですよね。口を開けたままいてくれなかったり、磨かれる感覚が嫌で拒否されちゃいます。でも、電動歯ブラシなら時間は短く済みますし、動かさなくていいぶん、急な動きで口内を傷つけるリスクも減ります。

こちらは、歯ブラシの大手メーカー「ブラウン」の子ども用電動歯ブラシです。ポケモンとのコラボでかわいいですよね。Amazonで約1600円です。柔らかめで充電式です。

②転倒防止リュック

乳児は、頭が重いのと身体でバランスが取れないのとで、ふとしたときに後ろに倒れていってしまいます。後頭部を打つと大惨事です。

こちらは、CMでもおなじみのハチの転倒防止リュックです。座ったり立ったりし始めたばかりのときは、これを身につければ安全に遊ばせることができます。ハチ意外にもかわいいデザインが沢山あるので、好みのものを探してみてくださいね。Amazonで約1000円です。

③ベビーマット(プレイマット)

転倒防止の意味もありますが、遊ぶエリアを理解してもらう意味でも有用なベビーマットです。

こちらは、200cm✕180cm✕1.5cm(高さ)の大きめのマットです。Amazonで約6700円です。少し高めですね…

組み換え自由なジョイントマットも良いのですが、ジョイントマットの多くは、吸収性と厚さが十分でないことがあります。吸収性と厚さを意識して、選ばれると良いと思います。

④爪切りセット(鼻ケア)

乳児の爪切りは、寝ている間にそっとやってしまいたいですよね。また、乳児は鼻をかむことができませんから、鼻の中の掃除を定期的にやってあげたいです。

こちらは、ARRNEWという海外のメーカーの商品です。爪切り、ヤスリ、爪切り用ハサミ、鼻ケア用ピンセットの4点セットになっています。収納ケースもかわいいので、そのまま置いておけます。色も4種あります。Amazonで約1300円です。

⑤ベビーバス

家の浴槽では大きすぎる。でも温かいお風呂で身体を洗ってあげたい。

こちらは、Richellというメーカーのベビーバスです。空気を入れて膨らますタイプのベビーバスです。赤ちゃんは、すぐに大きくなるので、廃棄しやすいほうがいいかもしれません。値段はAmazonで約2500円です。

⑥ベビーモニター

乳幼児を違う部屋に寝かせて、自分は家事をしたいというとき、モニターで様子を見ることができれば安心です。

こちらは、Panasonicのベビーモニターです。用途としては、ペットや高齢者介護にも使用できます。値段は高いですが、何より日本製なので説明書も理解しやすいです。暗い部屋でも映せますし、モニターからカメラの角度調整もできます。他にも温度センサー、起床センサー、おやすみ音の再生など機能がたくさんあります。値段はAmazonで約15000円です。

他のメーカーでは、もっと安いものもあります。映像だけでいいなど、用途に応じて選んでみてください。ただ、海外メーカーだと説明書が日本語じゃない場合が多いので注意です。

⑦ベビーサークル

乳児がハイハイで動き回る時期に、空間の仕切を作りたいときにおすすめです。

こちらは、Eilsorrnというメーカーのベビーサークルです。枠は銅管、壁の部分はソフトな素材です。六角形の両端で120cm、高さは64cmです。値段は、Amazonで約5000円です。

ベビーサークルには、プラスチック製などしっかりしたものもありますが、その場合10000円を超えてきます。使用する期間は短めなので、廃棄しやすさも考えて、上記のベビーサークルを紹介しました。大きさやニーズ、組み立てやすさを考えて、選んでみてくださいね。

⑧ベビー枕

子育て初心者が意外に困るのが枕です。乳児の枕選びは重要です。頭の形がぺっちゃんこになってしまわないように選んであげましょう。(寝かせ方も調べておきましょう。)

こちらは、Adokooというメーカーのベビー枕です。中心が頭の形に凹んでいて、頭を包み込むように作られています。また、横幅があることで寝返りの際にズレが少ないです。値段は、Amazonで約3000円です。

⑨鼻水吸引機

乳児は自分で鼻をかむことができません。塊であればピンセットで除去できますが、液体状のときは、吸引機を使ってみてください。

こちらは、ベビースマイルというメーカーの鼻水吸引機です。電池式(付属あり)のため値段は低く抑えられていますが、機能は十分です。自動なので片手で使用しやすいです。値段は、Amazonで約4000円です。

⑩知育おもちゃ

乳幼児は遊びの中で、思考力の基礎を身に着け、親とのコミュニケーションを学びます。知育おもちゃには、沢山の課題があり、その課題を達成して子どもが見せてきたときは笑顔で褒めてあげてください。乳幼児の子は、親の表情を捉え、表情表出や感情を学びます。

こちらは、ローヤルというメーカーの知育おもちゃです。知育おもちゃは、他にも沢山ありますが、最初はこれくらいの易しいレベルから始めてみてください。値段は、Amazonで約3000円です(値引きあり)。

手指の扱いが上手になってきたら、積み木や組み立て系の知育おもちゃに進むと良いと思います。

最後に

僕は、普段は不登校や場面緘黙症といった子どもの支援をしています。もし、興味がありましたら、ブログやTwitterもご覧になってください。

Twitter:ジンさん

ブログ

教育心理学

Posted by Cozy