【加藤純一News】ポケモンセンター封鎖のお知らせ(ブラック編)④【jun channel】

2021年2月12日。人気ゲーム配信者の加藤純一氏は、自身の大人気企画である「ポケモンセンター封鎖のお知らせ」の挑戦した。今回は、ポケットモンスターブラックでの挑戦となる。

前回までの放送では、2度のゲームオーバーの末、3回目の挑戦でプラズマ団の悪タイプのポケモンに強く出られる格闘タイプのダゲキ(シノハラ)や第3のジムが虫タイプ主体であるため、その対策としてゲットしたダルマッカ(パクノダ)が大活躍して、順調に進んでいる。

今回は、その続きである。

前回『ポケモンセンター封鎖のお知らせ(ブラック)③』

ポケモンセンター封鎖のルール

  • ポケモンセンター利用禁止
  • フレンドリーショップ利用禁止
  • サファリパーク利用禁止
  • パソコン利用禁止
  • 育て屋さん利用禁止
  • 技忘れて覚えなおすの禁止
  • 野生ポケモン倒すの禁止
  • 無限禁止(アイテムや技)
  • 客観的にみてずるい技禁止
  • 文明の利器禁止(攻略サイトの閲覧など)
  • 特性:もの拾い禁止
  • 今回の伝説のポケモンはレシラム
  • ポケモンを大切にする
  • 秘伝・技マシンの複数回使用禁止
  • 学習装置の禁止
  • 色違いが出たら必ず捕まえる
  • チート禁止
  • 自動販売機の利用禁止

第4のジムまで

4番道路(砂嵐の道)に進んだ主人公(つたーじゃ)は、待っていたライバルのチェレムと対決する。余裕がある立ち回りで、あっさりと勝利する。

とはいえ、普通のトレーナー戦でもPPとHPの管理に手こずり、全手持ちポケモンのHPが瀕死寸前になってしまう。

4番道路の先にあるリゾートデザートには、トレーナーも多く、何より強制回復もある。封鎖ルールでは強制回復も避けられる場合は避けなくてはいけない。

途中、ポケモンレンジャーのコアルヒーに燕返しを浴び、じゅんいちが倒れてしまう。トベルマンのとっしんでコアルヒーを倒すが、技の反動でトベルマンも倒れてしまう。

すぐに不思議なアメでじゅんいちを復活させた。その際、じゅんいちはメガドレインを覚えた。メガドレインを使って回復しようと試みるが、トレーナーはダルマッカ、シママを出してきた。なかなか地面タイプを出してくれない。

しかし、その後、いいキズぐすり、ピーピーエイダー、すごいキズぐすり、おいしいみずを拾い、体制を立て直した。

次のジムは電気タイプが主体で、エモンガが強いとのコメントが多いことから、対策を考える。シッポウシティに戻り、化石をレンジでチンしてアーケンをゲットする。実質、紐を引くことで温められる駅弁に近いとし、「どかべん」と命名される。性格は「弱気」だった。

リゾートデザートに戻り、どかべんのレベル上げを行う。どかべんのついばむは強く、相手を圧倒するが、HPが半分以下になると能力が低下する弱気の性格を考慮しなければならず、骨が折れるレベル上げとなる。

リゾートデザートを越えたつたーじゃは、ランモンシティに到着する。到着後すぐにプラズマ団との闘いとなるが、どかべんで強行突破していく。ここで助けたじいさんから自転車をもらう。

ベルにミュージカルホールに強制的に連れて行かれて、シノハラがドレスアップされる。

その後、プラズマ団のNが現れ、バトルになる。プラズマ団のNとの闘いで相手のシンボラーに追い詰められ、じゅんいちとシノハラが瀕死手前まで削られる。パクノダがサイケ光線で瀕死に、エアカッターでじゅんいちが瀕死となる。回復アイテムを使いつつ、どかべんとシノハラで、何とか勝つことができた。

これでついにライモンジムに挑戦することができる。アイテムを拾うため、ライモンシティから電車に乗り、カナワタウンに向かう。カナワタウンでは、不思議なアメやハイパーボールを手に入れる。

ライモンシティに戻ったつたーじゃは、ジムに挑戦する。トレーナーのエモンガに苦戦し、回復アイテムも使いながら、何とか突破していく。そして、ついにジムリーダーのカミツレとの闘いに挑む。

カミツレは、エモンガを繰り出す。ボルトチェンジを打たれるが、交代先は別のエモンガだった。どかべんのがんせきふうじで、素早さを下げつつダメージを与え、次もがんせきふうじでエモンガの一体を倒す。カミツレは、先のエモンガを再び繰り出す。パクノダで応戦する。せんせいのつめで炎のパンチを打つがボルトチェンジ。

カミツレはゼブライカを繰り出す。レベルは27。つたーじゃの他のポケモンは瀕死手前で、価値筋を見極める必要がある。コメントでは「ひん」が多量に流れていた。長考の末、最後のすごいキズぐすりをどかべんに使い、パクノダが倒れる。シノハラがボルトチェンジを耐え、あなをほるをするが、エモンガに変えられて無効に終わる。しかも、アイテムで回復されてしまう。

再び長考。最後の策でシノハラが倒される際にパクノダに元気のかけらを使う。どかべんがボルトチェンジを受けるががんせきふうじがゼブライカにヒットする。ついばむで攻撃するが耐えられ、ボルトチェンジでどかべんが倒される。

エモンガのボルトチェンジ、ゼブライカに交代される。パクノダの炎のパンチ、耐えられるも瀕死手前に、からげんきを打つがすごいキズぐすりを使われる。パクノダの炎のパンチ、せんせいのつめが発動したが、電光石火で倒されてしまう。

ここでゲームオーバーとなった。