【加藤純一News】加藤さん ついに『アニメを作る』【jun channel】

2021年2月4日。日本一の人気ゲーム配信者の加藤純一さんが自身のYouTubeチャンネル『jun channel』にて、アニメを作成したことがわかった。アニメはカイロソフトのゲーム『アニメスタジオ物語』の中で制作された。(以下、ゲーム内の出来事を記載する。)

■人気ブログランキング

アニメスタジオ物語【カイロソフト】

取締役社長の加藤純一氏は、スタジオジュブリ社を創設、社運をかけて制作された『純術回戦』は約3000万円を売り上げた。初期視聴率は4.4%だった。その後、オフィス内に仮眠ベッドを起き、社員の指揮を高めるなど、企業努力も惜しまなかった。

後続の『戦国プペル』は、約5000万円を売り上げ、初期視聴率は5.0%だった。しかし、その後の数ヵ月は倒産の危機が続いた。大逆転をかけた『大金魂』は近未来✕幕末スポーツアニメという新たなジャンルの挑戦だったが、大ヒットとはならなかった。

下請契約により資金を確保したスタジオジュブリ社は、次回作の制作に備え、社員教育に力を注いだ。脚本執筆に当たっている高橋じゅん一氏は『伝説を作る』と豪語し、学園アイドルアニメの制作に取り組んだ。

そして、会社創立8年目に制作された『カトライブ:)』は、二流雑誌に掲載されるなど話題を呼び、スタジオジュブリ最高視聴率を更新した。初期視聴率は6.3%だった。

『カトライブ:)』の放映により勢いをつけたスタジオジュブリはテレビ東都と契約、一時的に資本金が1億円に到達した。(僕たちは天使だった。)

8年目12月の第8回アニメデミー賞では『カトライブ:)』がナイスサウンド賞を受賞した。

テレビ東都での初めての作品は、戦国時代を舞台にした学生冒険物語『創世のカトエリヲン』、初期視聴率は7.6%で、名台詞「アナタと合体したい」の瞬間には視聴率8.1%を突破した。

『創世のカトエリヲン』は、爆発的にヒットし、社会現象となった。スタジオジュブリの資本金は1億5000万円まで上昇した。

その後、1億円を投じた『純★純★白★書』は、初期視聴率9.3%、スタジオジュブリの売り上げ最高額を更新した。そのうち8000万円を投じて大きなオフィスを購入し、社長の加藤純一氏は「FIXERを超える」と意気込んだ。

第9回アニメデミー賞では、『創世のカトエリヲン』がナイスサウンド賞に輝いた。主題歌は「Go tight 正体不明の Show Time」

そして、創立10年を記念して制作された『信長VS光秀の1on1』は、初期視聴率9.5%を記録した。会社の規模拡大により社員数を増やしたスタジオジュブリは勢いをそのままに、南の島でアイドル(モー娘。→坊主の加藤さん)が釣りをする『釣りバカトウ』を発表した。初期視聴率8.8%、爆発的ヒットとはならなかったが、安定した人気を誇った。

また、第10回アニメデミー賞では、『信長VS光秀の1on1』がナイスサウンド賞を受賞した。

創立11年目は、初めて最強キャラランキングに坊主の加藤純一がランクインするなど、良い走り出しを見せた。しかしながら、『ああッ!サタン様』は初期視聴率9.5%と期待を超えられなかった。

創立12年目の作品『メジャーリーグ4』は初期視聴率9.7%、日本シリーズを超える人気を得た。日テレでの初放映となった。

また、これまでスタジオジュブリの公式キャラクターは「坊主の加藤純一」のみだったが、新たに「うんこちゃん」が追加された。アニメデミー賞では『釣りバカトウ』と『ああッ!サタン様』が受賞している。

12年目は近未来アイドルラブコメの『テラスホームズ』が大ヒット、初期視聴率は9.5%だった。社長の加藤純一氏は「作られた人気だった」と嘆いた。しかし、電通の指パッチンにより視聴率は伸び、最大瞬間視聴率は9.8まで伸びた。

13年目の社運をかけた作品『人間革命』は殿堂アニメに認定され、初期視聴率は13.5%、「めちゃくちゃ面白いよ人間革命!」と某昼の情報番組でも絶賛された。スタジオジュブリの資本金は4億円に到達した。

13年目の2作目は『本田スズの憂鬱』、初期視聴率は13.5%、『人間革命』に続く人気作品となった。本田スズは恋人にしたいランキングの常連キャラクターとなった。なお、『人間革命』はアニメデミー賞の準グランプリに輝いた。資本金は5億5000万円に。

14年目の1作目『かとちゃん』は、殿堂アニメに一歩届かなかったが、これも人気作品となった。初期視聴率は15.0%だった。じぇじぇじぇ。「パワハラだからねぇ」と某昼の情報番組が取り上げてくれることを期待したが、その望みは叶わなかった。

14年目2作目は1億5000万円を制作費にあてた『真幽☆遊☆白☆書』は期待には及ばず下火に終わった。さらにテナントに多額を投資した結果、借金が4500万円に達した。回復を図りたいスタジオジュブリは『KTO』発表(13.5%)。見事に回復した。

15年目の作品『もののけの王マリク』は殿堂アニメになり、初期視聴率は17.5%、アニメデミー賞では準グランプリに輝いた。某昼の情報番組でも「つまらないらしいよ」と逆プロモーションされた。

16年目の作品は純情学園ラブコメ『とら★ドラ★カト』は、殿堂アニメに選出され、傑作と称された。初期視聴率は31.8%と、半沢級の大ヒット、超国民的アニメとなった。しかし、グランプリは逃した。傷ついちゃうの傷つけちゃうの純情プレパラート。

17年目、攻めの経営に借金は2億円を超えた。『電車加藤』は安定した人気があり、すぐに黒字に転じた。資本金は7億円に。17年目2作目の『KATO』はEVAの乗らない状態で32.8%を記録、大人気作品となった。資本金は15億円に。

18年目1作目『エヴァー』初期視聴率は35.3%だった。作品を生むごとに30%以上の視聴率を誇るスタジオジュブリは、早川みや児(宮崎駿のパロ)に作画を託し、新作の作成に着手した。制作費は2億5000万円ほどを注ぎ込んだ。

完成した『機動戦士カトダム』は見事グランプリに輝いたが、その瞬間、社長の加藤氏は「取っちゃった、まだまだこんなものじゃない」と嘆いてみせた。

19年目の作品『カトロス』は殿堂アニメに選出、視聴率30%を超えるも、加藤氏の野望は「皆にエヴァを見せる」ことに終始した。

その後も作品づくりに没頭したスタジオジュブリは、『こちカト(こちら港区加藤宅前派出所)』を制作、過去最大視聴率を更新した。ところが会社創立20年を迎え、ゲーム会社としての終止符を打つことになる。

スタジオジュブリは、最後の作品として、『新世紀カトゲリヲンQ』を発表、社員の名案もあり、二度目の社会現象を巻き起こした。

スタジオジュブリは、20年で30作品ものアニメを世に送り出した。最高視聴率は『ことカト』で、漫画版は350巻まで続いたという。ひん。

最後に

ライブ配信は、5時間を超え、55000人以上の視聴者を確保した。ライブ配信終了時(4:03)の視聴者数は44000人ほどであった。ひん。