公認心理師試験対策

分離ー個体化理論

分離ー個体化理論は、Mahler,M.が提唱した発達理論です。Mahler,M.は、乳児が母親から分離していく未分化過程を2つの時期に、分離ー固体化過程を4つの時期に分けて説明しています。

分離ー個体化理論におけ ...

公認心理師試験対策,心理検査

Conners3

Conners3は、ADHDを判定するための心理検査です。原著がConners,C.K.で、田中康雄が日本語版を作成しました。適用年齢は6〜18歳で、保護者用、教師用、本人用があります。本人用の8〜18歳になっています ...

公認心理師試験対策,心理検査

AQとは

AQとは、「日本語版 自閉症スペクトラム指数」のことです。Simon Baron-CohenとSally Wheelwrightにより作成されました。その後、若林明雄により日本語版が作成されました。

質問項目は50 ...

公認心理師試験対策,心理検査

CAARSとは

CAARSとは、大人(18歳以上)のADHDを判別するための心理検査です。Connersは人名で、子どものADHDを判別する心理検査のConners3を作成した人です。

CAARSは、自己記入式(66項目)と ...

場面緘黙症

場面緘黙症とは

場面緘黙症とは、不安や恐怖により特定の場面において声を発することができない状態が、1ヶ月以上続き、自閉症スペクトラムや統合失調症といった他の障害や疾病による影響でないものを指します。

場面緘黙症は、アメリカ精 ...

公認心理師試験対策

今回は、公認心理師試験対策として、『認知症』の問題で得点するコツをご紹介します。

『認知症』で確実に得点しよう。

認知症の問題は、必ず出題されています。今の超少子高齢社会において、公認心理師にとっても医療や福祉領域との連携が ...

公認心理師試験対策

脳血管性認知症は、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害に伴う認知症です。

公認心理師試験では、アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症との細かな違いについて出題されるため、それぞれの特徴をしっかり憶えましょう ...

公認心理師試験対策,心理学

クロイツフェルト・ヤコブ病とは、難病の1つで症状がアルツハイマー型認知症に似ていることから、公認心理師試験においても、名称程度だとは思いますが、出題される可能性がある病気です。さらっと一読しておいてください。

クロイツフェルト・ ...

公認心理師試験対策

公認心理師試験において認知症は、知識と支援方法について出題され、配点の高い事例問題でも出題されるため、必ず勉強しておきたい部分です。

今回は、前頭側頭型認知症について解説します。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知 ...

公認心理師試験対策

公認心理師試験において認知症は、知識と支援方法について出題され、配点の高い事例問題でも出題されるため、必ず勉強しておきたい部分です。

今回は、レビー小体型認知症について分かりやすく解説します。

レビー小体型認知症